いじめの前触れ
  f0113325_15103183.jpg
1994年8月の中頃、毎日決まって19:00~10:00の間に娘に電話が小刻みに、同じ子からかかってきてきて満足に夕食も取れないほどだった。
相手は同じクラスのGさんからで19:00頃は夕食の時間、電話が終り何分かすると又くるといった感じで食事もとれない状態にもかかわらず当の本人は何の疑いをももたず信じきって相手の望む答えを聞かれるままに答えていた。
ある日、感情をむき出しにして話している、電話相手のGさんと喧嘩をしているようでもない。 『これは、変だ』と感じ娘の受け答えに神経を尖らせ様子を数日みていた。
なぜこんなに同じGさんから電話がくるのだろう。
一度切れて5~6分すると又同じ子から電話が来る。一定時間が過ぎると又、電話、それが3時間近く続いた。
これは誰かと娘の間に入って、“いじめ”の材料となる話を誘導質問させている中継役だなと、察し、それとなく聞いていると。
「Gさん、転校して来たばかりで私をたよりにしてんのサ」と電話相手のGさんを信じきって相手の不自然な聞き出し質問、これは友達間の会話になっていない。
別のクラスメートの事をどう思っているかとか、誰々ちゃんこう言ってたという話をしてきて、それに対し聞かれるままに本音で答えていた。
時には娘にリーダーが期待しているような(攻撃材料となる返事)受け答えをしなければならないように話を誘導、そう、誘導尋問なのだ。
「どうおもうかってサ、こうかな」とか「え~ェ、私の事そういう風に言ってたのとかサ」と何か変ぽいなといった顔をして首を傾げて食卓に着くも食欲は何時もより落ちていた。
「誰々ちゃんのことどう思う」それの答えると、一旦電話が切れ、5~6分後に又かかって来る同じ子からの電話。
誰々が久美ちゃんの事こう言ってた。こうも言ってた。」と更に娘の口から過激な答えを聞き出そうとしているのがわかった。
事実電話口で感情的な口調で話すことが多くなってもいた。

とりあえず少し様子を見てみる事にしたが、一向に回数が増えても減る気配がないので、
「電話は仕事の連絡にも使うし、明日から回数の多い電話は駄目ってGさんに言っといて、俺が言ってたって」と注意をしなければならないほどだったのです。
次の日から単発の電話が数日に一度、きても数分と短くなり、そうして まったく電話がこなくなった。
それと同時に娘に対するグループでの“いじめ”が急激に襲いかかっていた。
あの異常に多い長電話はグループのリーダー格のKさんからGさんに電話があり「これとこれを言って久美子が何ていうか聞きだせ」ってことだった事が分かり中学校の二年女子がここまで時間をかけ手の込んだ“いじめ”の下準備をするのを知って背筋が寒くなるような思いがして、この時に『いじめで娘がSOSを発信した時は文句なしに休ませよう』と決めていたように思う。
中二の女の子がここまでやるなら学校じゃ絶対に解決出来ないとも思ったのです。
その後も学校でのいじめで疲れ切っている娘に様子を探る命を受け同じ子から電話が定期的にきていたが、相手の質問に答える気力もなく「うん、うん、電話、お父さんが使うからバイバイ。」と切っていた。
そうしてポツンと「Gさんグループのリーダーに言われて、わたしの言った事をすぐ教えてってそれの繰り返しだったのサ」って「大丈夫、オレが絶対に守るからナっ」と言うと目を大きく見開いて「ほんと」と久しぶりの笑顔をみせていた。

電話が来なくなって、まもなくGさんは登校拒否となった。
娘は親友だと思うから安心してGさんの質問にも、思い感じた事や自分の事を挑発しているような『誰々ちゃんこう久美子ちゃんの事言ってた』と言われたらその挑発にのって親友Gさんとだけの会話と思い売り言葉に買い言葉できつい言葉を発してしまう。この言葉がリーダー達グループに数分後には伝わり“いじめ”の格好の材料となっていった。

電話の回数を制限され、攻撃材料が入手できなくなったイライラが、Gさんにも“いじめ”となって攻撃し、そうして娘へに対する“いじめ”も過激なものになっていった。

ここまで分かるのに、子ども達の回しメモや、娘が書いたもの(本人が、読みなと、よこしたもの)自分の目、耳で知った事や、書いたものを何度も何度も読みかえし記憶と照らし合わせ、メモと娘の書いたものを読み比べ、やっと薄っすら全体像が見えてきた。
あの電話の段階でどう対処すればよかったのか、いま現在も明確な答えは無い!

小さい頃から友達付き合いの友達でも、 友達への『やきもち』や『わがまま』な考え行動を自分の口からは、なかなか言えないもの、それでも本当に言いずらい自分の負の部分を毎日いろいろ沢山の話会の中で少しづつしていく内に聞きもしないのにポツリ、ポツリと自分の負の部分を包み隠さず話すようになった。そこまでくるのに、この親密親子関係でさえ3ヶ月以上かかっている。

『いじめ』の前触れは察知できるが これをどう解決していいのか、その段階では わからない。
いじめる側も、いじめられる側も同じくキズつくもんだし、親父も義務教育の間、9年間いじめられっ子から いじめっ子つまり、弱い者いじめまでも経験していてもそのあたりの対処、解決策は全然見えてこなかったし、今もどうしたら、どの対応が         良いのかわかんだよな!
だから『久美さんの後ろにはいつもオレがいて、本当に悩み苦しんでいる時は全力で守ってやる』と日常生活の中で感じさせておくことしか出来なかったし、“いじめ”の前触れを感じ取ってもこれ以上の策は現在も見当たらない。
f0113325_15133089.jpg

[PR]
by obora | 2009-02-24 15:00
<< 教育委員会の役目 『いじめの方法・・・二つ。』 >>