94’10/31 ~ 95'2/1  ・・・  (2) ・・・ 『始まった』
しばらくすると、プールひ泳ぐ人がいっぱい集まってきた。
その賑わいのなかに、私がかって六年生の時に、新一年生の世話をしてあげたことがあって、その子が小学三年になりたての角山くんの姿もあった。
「あっ、おねェちゃんだァ」と駈け付けてきて、「おんぶしてくれ」とせがむ。再び皆の中に戻り、その子から逃げた。
すると逆に、おんぶりリレーはじまるという、逆効果となってしまいリレーが終わるなり、私は皆の輪の中からはなれた。
この時、少し『嫉妬』をしているんだろうなァ。
今、時間をかけて良く考えると一人で泳ぎたかったから、皆の処からはなれたのではなく、皆がどれだけ私のことを思っていてくれているか知りたかったので、そうしたのだと思う。
それは、『自惚れ』と『嫉妬』から出た行動だったんだ。
当時の自分に、そういう気持が心のすみにあったのかなァ。
きっとそうなんだよ、今の私がまだそうだとしたら駄目だな、まったく。
今は『登校拒否』しているけど、何ていうか、こうやって自分の性格を考える時間があったってことは良かったと思う。

せっかく皆で泳ごうとしていたのに、結局一人で楽しんでしまった。
向こうの世間話も終わったらしく、森下さんや長谷川が「うちら、もう帰るから」と、バイバイを言いに来た。
一人相手にされなかったような感じの悔しさと、何て薄情な奴だろうという思いがして、「へえ、あ、そう、帰ればどうぞ!」とぶっきらぼうに言いはなってしまった。
「バイバイ、久美ちゃん、バイバイ」
この時点で長谷川達は怒っていなかったんだ。(そんなに)

『皆、私より先に帰るなんて』と思ってヒョイとふり向くと、工藤さんが後にいる。
ビックリしたけれど、以外と落ち着いて「どうした。帰ンなくていいの」と聞くと、「うん、久美ちゃん心配だから」と言う。
5時くらいまで、ずっと泳いで帰りに片岡(薬と文房具の店)に寄って、おやつを買い二人で食べながら帰ってきた。

今になって良く考えてみるとそうなんだ。この後の帰り道、森下さんの口からあのポッともらした事が出たんだ。
『いじめ』のことについて考えていた始めの頃は、学校へ行かなくなってまもないこともあったし、ふくざつな部分んてよくわからなかったけど、おちつくと、あのゴタゴタが、なんか良く見える感じ、あの時私一人なにも知らなかったみたい。
そのせいでパニック状態が続き事態を一層悪くしていったんだァ
アァ!!

次の日、学校へ行くと何やら長谷川の様子が変だ。ムッツリした顔をしている。
朝に会っても、「おはよう」も言わない、ほかの友達も長谷川と同様に変だし皆の所へいっても『なんでコイツがくるの』という顔をして去ってゆく。『えっ?えっ?』頭がうまく回ってくれない。
『どういうこと!?』
『なんでぇ!?』
と半べそをかきながら、わけを森下さんに聞いた。
「これも全部、久美子ちゃんしだいなんだよ、久美子ちゃんが、きちんと謝るか謝らないかできまるんだよ!」と厳しい口調で言われた。
『あ?』理解できない。
『どうしたっていうんだ?あっ、きっとプールのあの態度のことでだろうな。でも・・・・・、どうして!?』
一時間目が始まり、イヤ~な雰囲気で授業を受ける。プリントを前から回され、長谷川の前の席なので、長谷川にプリントをわたさなくっちゃならない、渡す時はにらまれながら、ひったくるように持っていかれる。
「後からプリント集めて下さい」と言われ同じくにらまれる。
わけが分からないまま苦しくて、悲しくて、泣きじゃくって、とにかく謝ろうとしてサッちゃんの所へ走っていった。
恵美ちゃんとサッちやんは、昨日は学校でしか会っていないし、もっと別の理由で怒っているのだろうと、そう思った。
本当はもっとも怒りをあらわにしている長谷川に最初謝ればよかったのだが勇気が、どうしても勇気がでなかったから後にしようと逃げてしまった。

「サッちゃん、私のこと怒ってる・・・」そこまで言うと、
彼女は、「うちら、久美子ちゃんに、気ィされる様なことしたっけ? 皆に謝んないと、どうこううちに言われても困るし、うちだけに謝られてもねェ、皆すっごく怒ってるよ。ねェ森下さん」と近くにいた森下さんに声をかける。
もう泣く事しかできなかった。
「ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。」
まわりの人達が私を見ている、「どうしたの」とかいっているのが聞こえる。
「泣かれても困るよねェ」と苦笑いしているサッちゃんがぼやけて見える。
[PR]
by obora | 2008-12-21 09:14
<< 94’10/31 ~ 95&#... 1994年10月31日~199... >>